たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お久しぶりです。4月になってリアル事情で自由に使える時間が減少して、ネットに繋げる時間が激減してしまいした。その為にブログの更新や、TB、コメントの返事も遅れ気味(気味じゃない)ですが、ブロスの閉鎖はせずに続けていく予定ですので、これからもヨロシクお願いします。
 ちなみに更新記事が少ないために今月はベスト3になっています。
     続きを読む
スポンサーサイト

 今回は 「シャイロックの子供たち」 池井戸 潤著 です。
     続きを読む

 今回は 「キャピタルダンス」 井上 尚登著 です。
     続きを読む

 今回は 「女形」 不知火 京介著 です。
     続きを読む

 今回は 「昼は雲の柱」 石黒 耀著 です。
     続きを読む

 4月5日に第4回本屋大賞の結果が発表されましたね。人によって賛否が別れた第3回の後ということで注目していましたが、僕の中では波乱の少ない順当な結果でした。そんな中でも第2位に入ったのが森見登美彦さんで、しかもあの得票数というのは、個人的にちょっとした波乱かなと思いましたね。なんて言いながら結局読んだのは1冊だけなんですけどね。
     続きを読む

 今回は 「梅咲きぬ」 山本 一力著 です。
     続きを読む

 今回は 「還らざる道」 内田 康夫著 です。
     続きを読む

 今回は 「シャトゥーン―ヒグマの森」 増田 俊成著 です。この本は2007年度の第5回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞受賞作ですね。
     続きを読む

 今月は普通に忙しかったので、読書スピードも更新頻度も落ちましたね。そんな忙しさの中で何時のまにやらこのブログも3年目に突入していました。本当に何時の間にやらという感じなので感動もヘッタクレもありませんが、これからもどうぞヨロシクお願いします。
     続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。