たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 伊坂幸太郎著の「オーデュボンの祈り」に話す案山子の優午が出てきているのを見て、久しぶりに読み返した漫画が 「勇午」 真刈 信二作 赤名 修画 です。
     続きを読む
スポンサーサイト

 最近はG1をチェックしているぐらいですけど、昔から割と競馬は好きです。ゲームでは「ダービースタリオン」や「ウィニングポスト」等の育成ゲームやその他いろいろやってきたし、とりあえず馬券も収支はプラスですしね(これは1回万馬券を当てたのが効いてますが)。
 ということで、今回は 「優駿の門」 やまさき拓味著 です。
     続きを読む

 今回は、前に書いた「Hellsing」に出会うきっかけになったのが、同じ雑誌(アワーズ)に連載中の「トライガン」 内藤 泰弘著 です。
 ちなみに僕が「トライガン」を最初に知ったのは、TVアニメの放映を見てで、それで面白いなと思って原作に手を伸ばしました。
     続きを読む

 今回はこの前の「ベルセルク」の流れを引きずって、「HELLSING」 平野 耕太著です。
何を引きずっているかというと、「HELLSING」は血みどろで、人がボロ雑巾の様に殺されるシーンがよく出てくるところです。
     続きを読む

 今の世の中、子供が起こす残酷な事件があると「ゲームの影響か?」とか「TVや映画の残酷なシーンの影響か?」とかよく言われるけど、僕は「子供はそこまでバカかな~」(表現が悪いと思うなら「子供はそこまで影響されやすいかな?」と言っていると思ってください。)と思いながらニュースとかを見ている。
 そこで今回は「ベルセルク」 三浦 健太郎著です。
     続きを読む

 僕の住んでる地区で最近というか先週から再放送が始まったんだけど、「鋼の錬金術師」やっぱり面白いね。ストーリーの基本的な骨格を成しているのは割りと重めの内容ながら、主人公が子供だからそれなりに重さが解消されているし。
     続きを読む

 TVドラマ化された「め組の大吾」で有名な曽田正人さんの、現在連載中の作品が「capeta カペタ」である。
     続きを読む

 今録画しておいた今週(先週?)のガンダムSEED DESTINY見ました。やっぱりというか期待通りのセリフいってましたね。ハイネ。「ザクとは違うのだよ。ザクとは!」いいね~。ただ死んでしまったのは声優さんの都合かな?「スレッガー中尉みたいになるかな?」と思っていたのに少し早すぎたね。残念!それから、2話目はつっこみ所満載でしたね。ただ今作はSEEDよりも過去のガンダムシリーズの流れを踏襲している部分が多いですね。僕的には大好きです。(グフが空中戦をしているのはいかがかとは思いましたけどね)
     続きを読む

 最近といっても連載が始まってから1年以上たっているけど、コミックの1巻目が発売された時から買い始めた作品に「おおきく振りかぶって」 ひぐちアサ著があります。
     続きを読む

 今日は本ではなくDVDについてです。僕は暇な時たまにハンゲームをやるのですが、この前やった時に有料動画配信の所に「R.O.D The TV」があって久しぶりに見てみたら、やはりとても面白かったです。
     続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。