たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「砂の狩人」 大沢 在昌著 です。この本は2003年度の「このミステリーがすごい!」で第4位ですね。
     続きを読む
スポンサーサイト

 今回は 「Kの日々」 大沢 在昌著 です。
     続きを読む

 今回は 「狼花 新宿鮫IX」 大沢 在昌著 です。この本は新宿鮫シリーズの第9作目ですね。
     続きを読む

 今回は 「帰ってきたアルバイト探偵」 大沢 在昌著 です。この本はアルバイト探偵シリーズの第6作目ですね。
     続きを読む

 今回は 「闇先案内人」 大沢 在昌著 です。この本は平成13年度の第20回日本冒険小説協会大賞受賞作で2002年度の「このミステリーがすごい!」で第6位すね。
     続きを読む

 今回は 「魔女の笑窪」 大沢 在昌著 です。この本は10篇の短編を収録した連作短編集ですね。
     続きを読む

 ほんとのお母さんを探す旅から帰ってきました。というか温泉いってたんですけどね。とりあえずリアルの忙しさも一段落したし、フランス書院文庫のショックも癒えたので今日から更新再開していこうと思います。
 という訳で今回は 「亡命者 ザ・ジョーカー」 大沢 在昌著 です。この本はジョーカーシリーズの第2作で6編の短編を収録している短編集ですね。
     続きを読む

 昨日の更新後に久しぶりにGoogle、その他で本を検索(最近は決まったブログやAmazonぐらいしか使っていなかったので)。そうしたら、第33回メフィスト賞とか発表されていましたので、僕のメフィスト賞受賞作を纏めていた所に追加しておきました。ついでに、この前出版された日本ホラー小説大賞の第12回受賞作にAmazonのリンクをつけときました。
 さてお知らせはこの辺で、今回は 「ザ・ジョーカー」 大沢 在昌著 です。この本はトラブル請負人ジョーカーを主人公にした6編の短編を収録した連作短編集ですね。
     続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。