たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 宝島や文藝春秋のミステリーのランキングに入っている本を読むと(まだ全部読んだわけではないけど)、昨年はミステリー不作の年だったのかなと思えてくる。みなある程度の水準はクリアしているけど、飛び抜けて面白いという本にはまだ出会ってないから。
 そんな中での一冊「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂 幸太郎著 がある。
     続きを読む
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。