たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大晦日ですね。今年もいろいろありました。年間の話は置いとくとして、今月はリアルの生活の方で人生初の出来事があったり、本関係では「このミス」の予想はハズレでしたけど、後で知った文春のほうはベスト3がピタリと当っていて面白かったです。
     続きを読む
スポンサーサイト

 今回は 「ズッコケ中年三人組」 那須 正幹著 です。この本は全50巻で完結したズッコケ三人組シリーズの番外編的作品ですね。
     続きを読む

 今回は 「みぃつけた」 畠中 恵著 です。この本はしゃばけシリーズの番外編のビジュアル・ストーリーブックですね。
     続きを読む

 今回は 「欅しぐれ」 山本 一力著 です。
     続きを読む

 今回は 「虚像の砦」 真山 仁著 です。
     続きを読む

 今回は 「セカンド・サイト」 中野 順一著 です。この本は平成15年度の第20回サントリーミステリー大賞受賞作ですね。
     続きを読む

 今回は 「三年坂 火の夢」 早瀬 乱著 です。この本は平成18年度の第52回江戸川乱歩賞受賞作ですね。
     続きを読む

 今回は 「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊著 です。この本は愚痴外来田口&ロジカル・モンスター白鳥コンビが活躍するシリーズ第2作ですね。
     続きを読む

 今回は 「夏のロケット」 川端 裕人著 です。この本は平成10年度の第15回サントリーミステリー大賞の優秀作品賞受賞作ですね。
     続きを読む

 今回は 「定年ゴジラ」 重松 清著 です。
     続きを読む

 今回は 「凍るタナトス」 柄刀 一著 です。
     続きを読む

 今回は 「DIVE!!」 森 絵都著 です。この本は平成15年度の第52回小学館児童出版文化賞受賞作ですね。
     続きを読む

 今年は本命不在なんて言われてたけど、そんな中でもやっぱり宮部みゆきさんの久しぶりの現代ミステリー「名もなき毒」と最近ではシリーズ中一番の出来の「狼花 新宿鮫IX」あたりが本命で、あとは昨年に続き評判の良かった乱歩賞受賞の2作と、海堂尊さんの「チーム・バチスタの栄光」あたりかなと予想していましたが・・・。大ハズレでしたね。やっぱり僕にはこういう予想は難しいです。それと、今回初めて知ったんですけど、宝島社は自社の出版作品はランキングにいれないんですね。
     続きを読む

 今回は 「狼花 新宿鮫IX」 大沢 在昌著 です。この本は新宿鮫シリーズの第9作目ですね。
     続きを読む

 今回は 「マルドゥック・スクランブル」 冲方 丁著 です。
     続きを読む

 今回は 「新ロードス島戦記6 終末の邪教(下)」 水野 良著 です。
     続きを読む

 今回は 「ナ・バ・テア」 森 博嗣著 です。この本はスカイ・クロラシリーズの第2作目ですね。
     続きを読む

 今回は 「1985年の奇跡」 五十嵐 貴久著 です。
     続きを読む

 今回は 「ぬしさまへ」 畠中 恵著 です。この本はしゃばけシリーズの第2作目で、6編の短編を収録している短編集ですね。
     続きを読む

 先月は近くの図書館が図書整理のためにしばらく休館するとのことで、貸し出し期間が延長されているために貸し出し限度まで本を借りました。その為か順調に減っていた積読本がまた増加していってしまうという事態が・・・。
     続きを読む


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。