たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「不祥事」 池井戸 潤著 です。この本は8話の短編を収録した連作短編集です。
 内容は、銀行で事務処理に問題を抱える支店を個別に指導し解決に導くのが主な仕事の、事務部の主人公2人組みが直面する様々な事件を解決する話です。その中で表題作にもなっている『不祥事』のあらすじは、これから一緒に大プロジェクトをやっていこうとしていた取引先の大企業から預かった社員の給与振込データが紛失した。この不祥事は銀行の信用失墜ともし外部にこのデータが漏れたらさらなる大スキャンダルに発展する可能性があった。さらに、合同して行うはずだったプロジェクトも破談になったら収益の面でも非常に損害が出る。はたして主人公2人組みは紛失したデータを見つけることが出来るのか?
 僕が前に読んだ池井戸さんの本「金融探偵」は金融と付いているが普通の探偵の仕事もしていて、少し期待ハズレだったのですが、この本は全編銀行内の問題を解決する話で面白かったです。銀行という割と男尊女卑的な大企業の中で活躍する主人公を女性にしたのが良い味を出していると思いましたね。とにかくこれから他の作品を読んでみたくさせられる作品でした。

不祥事 「不祥事

 池井戸 潤

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。