たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂 幸太郎著 です。この本は2003年度「このミステリーがすごい!」第6位ですね。
 あらすじは、嘘を見抜く名人の成瀬、スリの天才の久遠、演説の達人の響野、そして、正確な体内時計を持つ女性の雪子。彼ら4人組は百発百中の銀行強盗だった。しかし、今回の銀行強盗では逃走中に連続現金輸送車襲撃犯と接触してしまい、お金ごと車を奪われてしまう。そこで、彼らはお金を取り戻すために連続現金輸送車襲撃犯を探し始める。しかし、探し始めたら子どものイジメ問題や、連続現金輸送車襲撃犯達の一人の死体を見つけたりと様々な問題が降りかかってきて…。
 主人公4人組のキャラが良い。それだけでなく、演説の達人なんてキャラが居るから会話が多く中だるみを感じる部分もないではないが、基本的にそんな感じを与えないハイテンポで軽い文体。そして、全ての伏線が見事にラストで結びつく所などある種感動すら憶えましたね。
 ところで、この本今度映画化されますね。そこで、本屋で並んでいる本の帯の写真を見てみるとイマイチイメージと役者の違いに戸惑いました(響野の佐藤浩一さん大丈夫かな?少し不安です。)。しかし、演技だけで感情などを表す部分よりも会話の部分が多いのため、割りと映像化に向いた作品だと思うので、僕は今から公開が楽しみですよ。

陽気なギャングが地球を回す 「陽気なギャングが地球を回す

 伊坂 幸太郎

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

miyukichiさん、こんにちわ。
映画も割りとオススメですよ。
まあ、本の面白さには敵わないとは思っていますけどねw
2007/01/21(日) 16:37:36 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました☆

 痛快そのものの、
 楽しいお話でした^^
 映画はまだ観てないんですが、
 ぜひ観てみようと思っています。
 
2007/01/21(日) 15:40:53 | |miyukichi #ubwH2qN2[ 編集]

みわさん、こんばんわ。
映画の佐藤浩一さんは中々良かったです。
ストーリーの雪子と成瀬の恋愛については、僕はちょっとな~て感じでしたけどね。
2006/09/18(月) 23:52:32 | |たりぃ #-[ 編集]
響野の
響野の配役が佐藤浩一さんっていうのは
私も最初「あれ?」って思ったんですけど
映画のサイトを見たらなんとなくぴったり雰囲気が
あっているように思えました。
幅の広い役者さんですよね~。
2006/09/17(日) 21:39:40 | |みわ #F7XyYRXo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。