たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「ペルシャ猫の謎」 有栖川 有栖著 です。この本は国名シリーズの第5弾ですね。ちなみにこの本は短編集で6つの短編+1となっています。
 その短編の中で表題作にもなっている『ペルシャ猫の謎』のあらすじは、彼女に捨てられ、ついでに失業中の男が殺されかけた。事件自体は非常に単純に思われるのだが、被害者の証言を信じると非常に不可解な状況になってしまう。はたしてこれは犯人の巧妙なアリバイ工作の結果なのか、それとも…。
 この本は国名シリーズの中でも非常に異色の作品集ですね。6つの短編+1のうち2つは事件を扱っておらずに、火村英生の内面について描かれており、そして1つは火村&有栖川が一度も登場していません。さらに1つの短編ではミステリー小説としては超弩級の反則技が使われています。また残り3つのうちの2つもそれまでの有栖川作品から比べると僕は浮いた感じがします。
 という訳で、少なくとも僕はこれまでの有栖川作品から比べるとこの本は期待ハズレでしたね。残念です。

ペルシャ猫の謎 「ペルシャ猫の謎

 有栖川 有栖

 5段階評価で2

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。