たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「となり町戦争」 三崎 亜記著 です。この本は第17回小説すばる新人賞受賞作ですね。
 あらすじは、主人公の下にある日『となり町』との戦争の知らせが届く。主人公が町役場に出向くと敵地偵察の任務が与えられる。緊張しながら任務を遂行するが、主人公は音も光も気配さえも感じられず、戦時下の実感がまるで持てない。そんなふうに主人公がいつもと変わらない日常を過ごしている陰で戦争は着実に進んでいた。そして、ある日町役場に呼び出されると主人公に新たな任務が…。
 この本は繊細でシュールな内容で面白かったです。戦争をTVでしか知らない僕たちの世代。昔は戦争といえば一も二もなく悪い事だと教えられていたのに、正義の戦争などと声高に叫ばれる風潮。僕が子供の頃は存在自体が議論の対象になっていた自衛隊が今や海外派遣についての議論がされている現代。TVの討論番組を見るよりも真剣に色々な事を考えさせられました。あと、こういう本を課題図書にすればいいのにとふと思いましたね。

となり町戦争 「となり町戦争

 三崎 亜記

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。