たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 TVドラマ化された「め組の大吾」で有名な曽田正人さんの、現在連載中の作品が「capeta カペタ」である。
 今作はモータースポーツを題材にして、やはり他の曽田正人さんの漫画と同様に、一人の天才が自らの才能の発露する場所に出会い、そしてその才能を開花させていくそんなストーリーである。曽田正人さんの作品の主人公たちは皆非常に熱く激しい。それは昔の宗教者のように、その身をすべて神に捧げるがごとくで、その絵と相まって読者に熱い感動を与えるのである。
 そこで今作の題材はモータースポーツである。すこし前の新聞に鈴鹿でジュニアのモータースポーツ学校が開講という記事があった。講習費用がたしか100万以上だった。そのようにモータースポーツはジュニアでも100万単位でお金がかかる。単行本最新の第7巻では主人公はそのお金の問題でモータースポーツを諦めねばならないか?という所まで追い込まれている所を、なんとかしようと起死回生を狙って勝負を挑むそんなストーリーである。

capeta カペタ 「capeta カペタ」(月刊少年マガジンで連載中)

 曽田 正人

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。