たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「ゴッホ殺人事件」 高橋 克彦著 です。この本は上下巻組の大作ですね。
 あらすじは、パリで美術品の修復家をしている主人公の母が死んだ。遺品の整理をしていると貸金庫から古い美術品のリストが。それに書かれているヴィンセントの文字はあのゴッホのことか?何故そんなリストが母の元にあるのかを調べていたら新たな殺人事件に遭遇する事に。現実の事件と共にゴッホの死の真相を追いかける主人公の前に浮かび上がってくる真実とは?
 少し前に地元の美術館にゴッホ展を見に行ったのですが良かったですよ。美術館の入館に1時間待ちさせられるなんて初めての経験をさせられた事を除けばですけどね。作風を確立するまでの作品は僕には綺麗だなと思っただけですけど、作風を確立してからの作品はさすがと思わせられる作品が多くて、もう少し人が少なくて1枚1枚ゆっくり見られたらと少し残念な気持ちにさせられました。
 そういう訳でこの本は非常に興味深く読ませてもらいました。現実の事件については途中で犯人も解ったが、それでも面白かったし、それ以上にゴッホについての様々な疑問については非常に面白かったですよ。ゴッホの死の真相や何故生前に1枚しか絵が売れなかったのか?など、今まではそんな事もあるんだなと思っていただけだが、改めて疑問を投げかけられるとたしかに不思議なことですよね。この本の作者なりの解答は説得力もあり良かったが、今度自分でもゴッホと弟のテオの書簡集を読んで考えてみようかなと思いましたよ。でもやっぱり止めようかな~?だってこの本で描かれているゴッホは決して友達にもましてや肉親にも持ちたくないような人ですからね。

ゴッホ殺人事件 「ゴッホ殺人事件

 高橋 克彦

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。