たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「私が殺した少女」 原 著 です。この本は探偵・沢崎のシリーズ第2作。そして、第102回直木賞受賞作、1989年度「このミステリーがすごい!」第1位ですね。
 あらすじは、事務所に掛かってきた依頼の電話で、指定された面会場所である依頼人の自宅に向かった沢崎は、そこで思いもかけなかった誘拐事件に巻き込まれる。それで、身代金の運搬を引き受けることになった沢崎だが、途中でチンピラに身代金を奪われてしまう。それから数日後、誘拐された少女の遺体が発見される。自分が身代金を奪われさえしなければと自責の念に捕らわれる沢崎は犯人探しに乗り出していき…。
 本筋とはまったく関係がないようなエピソードが所々にあるが(しかし、そのエピソードは沢崎の人間性を深める役割は果たしていますね)、基本的に緻密に構成されたストーリー展開、そしてラストの意外な結末など非常に面白かったです。でもラストの結末は意外すぎて僕は唐突な印象を受けましたがね(この本を読んだ他の人はどうなんだろう?)。
 とにかくやっぱり原さんの作品は面白いですね。どれだけ出版の間隔が開こうとも次作を待ち続ける多くの熱狂的ファンがいるということをこの本を読んで納得させられました。

私が殺した少女 「私が殺した少女

 原 

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。