たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 図書館で予約してから約半年。ようやく順番が回ってきました。う~ん長かった。という訳で今回は 「半島を出よ」 村上 龍著 です。
 あらすじは、北朝鮮の特殊部隊の兵士9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠した。そして、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲して、市中心部を制圧した。「反乱軍」を名乗った彼らに政府が対応を苦慮しているうちに、テロの噂が広がり、政府は九州を封鎖する事にする。逮捕、拷問、粛清、白昼の銃撃戦など様々な問題が噴出する中、北朝鮮の後続部隊12万人が博多港に接近してくる。そして…。
 日本人の危機意識のなさや(僕も日本人ですが)、政府の右往左往ぶりなど、ある意味非常にリアルに感じられる描写で非常に面白かったです。また、素人とプロが戦って、簡単にとは言わないけど素人が勝ってしまい、それまでの緊張感が台無しになってしまう本をたまに見かける中で、北朝鮮の兵士と戦おうとする素人グループが実際戦闘になるとまったく歯が立たないのは良かったと思いますよ。
 それにしてもこの本はどうなんだろう?今の情勢の中で真面目に書こうとしたためか、リアルな感じの面白さがある反面、娯楽?としての面白さが少し損なわれたと僕は思いましたね。他の作家さんならこんな事は思わなかったかもしれないが、村上さんということで期待度が高いためか、読み終わって少し残念な気持ちになりましたね。

半島を出よ 「半島を出よ

 村上 龍

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

Rokoさん、コメント&TBありがとうございます。
僕個人の趣味では荒唐無稽に走って欲しかったですね。
2005/10/26(水) 20:11:47 | |たりぃ #-[ 編集]

たりぃさん☆トラバありがとうございます。

龍ちゃんどうしちゃったんだろう?って感じですよね。
ここまでガッチリ話を作っておいて、このラストじゃ腰砕けって感じだなぁ。
もっと荒唐無稽に突っ走るか、思いっきり現実的に行くかどっちかだと思うんだけどなぁ。
2005/10/25(火) 23:13:35 | |Roko #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。