たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「マリオネット園」 霧舎 巧著です。この本は『あかずの扉研究会』シリーズの4作目ですね。
 あらすじは、死者からの手紙が『あかずの扉研究会』に届けられた。その手紙に書かれた暗号を解いて、導かれた先は閉鎖されたテーマパークにある自殺の名所・首吊塔だった。『あかずの扉研究会』の面々の前に次々と現れる首吊り死体。はたしてこれらは自殺か、それとも他殺なのか?
 僕はシリーズ通して読んでいるのでそれなりに面白かったが、万が一この本で、このシリーズ初めて読むという人がいたら少し煩わしいかもしれませんね。とりあえず読んでいなくても楽しめますが、過去の因縁話がよく出てきますからね。ところで、話の本筋はそれなりに面白いが、それよりもこの本の中に出てきた過去の名作推理小説を題材にした暗号はなかなか面白かったですよ。推理小説好きな人なら是非お試ししてみては。(ちなみに僕は5問中ヒントなしで1問、ヒントありでもう1問解けました。)

マリオネット園 「マリオネット園

 霧舎 巧

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。