たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「新ロードス島戦記5 終末の邪教(上)」 水野 良著 です。
 あらすじは、前作で暗黒の島の覇権を狙っていた新生マーモ帝国は滅んだ。しかし、帝国の影で暗躍していた破壊の女神の教団が遂に真の姿を現した。彼らは暗黒の島だけでなく、全世界を滅ぼそうと動き始めた。彼らの最大の狙いは転生した亡者の女王の魂を持つ聖女ニース。はたしてスパークたちはニースをそして世界を守る事ができるのか。
 前作のあとがきではスパーク君と二人の女性の三角関係を中心にみたいな事が書かれていたのに、今作はそんな甘い展開などほとんどなくて超ハードな展開。今まで読んだロードス島シリーズでも幾人か主要人物たちが死んでいるが、この本では復活の呪文があるとはいえここまでやられるかというぐらい、主要人物たちが次々と死んでいきます。久々に不幸なスパーク君全開です。
 そして、いよいよ新ロードス島戦記シーリズのラスト1の次回作は、この本の展開から考えて当然のごとくあの人達が大活躍するんだろうなと思われます。はたして不幸なスパーク君と薄幸の聖女ニースの未来に何が待ち受けているのか楽しみに次回作を待ちたいと思いますね。

新ロードス島戦記5 終末の邪教(上) 「新ロードス島戦記5 終末の邪教(上)

 水野 良

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。