たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「愚か者死すべし」 原 著 です。この本は探偵・沢崎の新シリーズ第1作目ですね。
 あらすじは、新宿署地下駐車場において、横浜の狙撃事件の容疑者が銃撃された。1発は容疑者に、もう1発は彼を庇おうとした刑事に当たった。。偶然その場に居合わせた沢崎は事件の調査を開始する。調査をしていくうちに他の誘拐事件も絡んできて事件は思わぬ方向に展開していき…。
 約9年ぶりの沢崎復活の新シリーズ第1弾。知り合いの再就職先を本人には内緒で斡旋して、その後自己嫌悪に陥ったりする、相変わらずの沢崎節には安心しましたが、それでも多少の変化は感じられますね。年齢を重ねて丸くなったとでもいうのか、前は事件に係わるときには頑なに依頼人の存在に拘り、あくまでも仕事だというスタンスだったのが、この本では依頼があったものの、その依頼を断っているのにもかかわらず事件の調査に乗り出していますね。それでも沢崎はやっぱり沢崎で、事件解決後にその事件に係わった人に感謝の気持ちを表されると、照れ隠しなのか、そっけなく応対しつつもつい一言声を掛けてしまう沢崎。やっぱりハードボイルドはこうでなくちゃという感じです。
 ところで、この本を読んでいてハードボイルドと携帯電話について少し考えてしまいました。探偵(調査業)にも係わらず携帯を持たない沢崎。着メロ、着うたは論外にしても携帯ぐらい持ったらとも思いつつ、やっぱりハードボイルドの主人公は携帯を持たないほうがカッコイイのかな。まあ愛車ブルーバードを約20年乗り続けているような沢崎については、最新の携帯を持っていたら違和感があるとは思うけどね。
 最後に著者自身のあとがきによると、新3部作の第1作という事だから、早く第2、3作読みたいですね。

愚か者死すべし 「愚か者死すべし

 原 

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

四季さんコメント&TBありがとうございます。
携帯が似合わない沢崎だけど、出版される年と同じだけ歳をとっていくシリーズなので、
そのうち持つことになるかもしれませんね。
そんなシーンは見たくないので、原さんにはなるべく早く次回作出してほしいです。
2005/11/10(木) 22:16:17 | |たりぃ #-[ 編集]

たりぃさん、はじめまして。
TBさせていただきました。
確かにハードボイルドには携帯電話は似合わないかも?
携帯電話で話してるシーン自体は構わないと思うんですけど、出先にまで電話が追いかけてくるというのが沢崎には似合わないような気がします。
2005/11/10(木) 13:42:59 | |四季 #Mo0CQuQg[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。