たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ようやく読み終えました「終戦のローレライ」。やっぱり面白いですね福井晴敏。いろいろ説明が過剰気味とかあるけどそれを入れてもやっぱり面白かったですね。
 今作は今までの戦争冒険小説と違い主人公格に女性キャラがでたり、それにともない恋愛小説めいた部分もあったりと、今までと少し違うなと思う部分があったけど、あとがきを読んで納得。映画化が前提にあっての創作だったんですね。それでもやはり基本的な部分は今までと同じで主人公が成長していく青春小説で、あの男くさい男同士の関係(友情とは少し違う感じ)が僕はたまらなく大好きです。ちなみに僕は小松君と清永君が好きです。
 最後に福井晴敏作品をまだ読んでなくて、文庫だと全4巻ということで敬遠している人には「Twelve Y.O.」から読んでみてはどうですか?きっと全作品読んでみたくなると思いますよ。

終戦のローレライ 「終戦のローレライ」全4巻

 福井 晴敏

 5段階評価で5

 (僕の個人的な評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。