たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「黒い仏」 殊能 将之著 です。この本は「美濃牛」で登場した石動戯作が活躍するシリーズ第2作です。
 あらすじは、石動戯作は9世紀の天台僧が唐から持ち帰ったと言われている秘法探しを依頼される。また、同時期に九州で指紋一つ残されていない部屋で身元不明死体が発見される。一見無関係なこの二つの事件の接点とはいったい?はたして、名探偵・石動戯作は事件の真相を明らかにすることができるのか…。
 自らの名刺に名探偵と刷り込んでいる石動戯作がどんな活躍するか、おまけに少し読み進んだら怪しげな天台僧なんかも出てきて、非常に僕好みの展開。しかし、途中から展開が怪しげになっていき、そしてこのラスト。ミステリーだと思っていたんですけどね~。
 でも、ミステリーだと思って読んでいなければ、十分面白い本だとは思いますよ。このラストで石動戯作が事件の真相を語っている所など、ある種のカタストロフィーを感じて面白かったですね。

黒い仏 「黒い仏

 殊能 将之

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。