たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「銀行総務特命」 池井戸 潤著 です。この本は8編の短編を収録した連作短編集ですね。
 その中の一つ『漏洩』のあらすじは、ある銀行で唯一の不祥事担当の特命を受けている主人公に銀行の顧客名簿流出疑惑の情報が寄せられる。これが本当なら重大な信用問題に発展する可能性があるため調べ始めるが、どうやら本当に銀行の顧客名簿が流出していると思われる。はたして誰が何の目的で顧客情報を漏洩させたのか…。
 この本の主人公は総務部の特命係所属なのですが、個人的には特命係なんて聞くとTV朝日系の「相棒」を思い出してしまいますね。しかし、この本の主人公は「相棒」とは違って上司に信頼されているエリートなんですがね。でも主人公は不祥事担当の特命係のために、担当する事件は皆人の暗部を覗く事件ばかり。その為に、醜聞を隠蔽するために奔走する主人公だが、事件を解決するたびに感情が捩れて何かが失われる感じがするが、決して銀行のためではなく、ただ真実を知りたいという気持ちだけで奔走し続ける。そこで描かれる人の感情は不祥事という暗部であるために普段より力強く、また元銀行員の著者だからか非常に説得力があり面白かったですよ。
 それと、ミステリーとしてみた場合はこの本のラストに収録されている『ペイオフの罠』のトリックが非常に良かったですよ。現在株価を見れば景気は完全に回復傾向にあるように思えるが、それでも個人的にはまだまだだと思っているので、『ペイオフの罠』のトリックは非常に怖さを感じさせられましたし、改めてペイオフの勉強にもなったので非常に良かったですね。

銀行総務特命 「銀行総務特命

 池井戸 潤

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。