たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大晦日ということで、僕も今年読んだベスト10やろうと思ったけど、色々忙しかったのでベスト5に変更しました。レギュレーションはあくまでも今年出版された本ではなく、僕が今年読んだ本です。
 さてではいきましょう。今年2005年に僕が読んだ本の第1位は「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野 晶午著 です。ミステリー好きとしてはこの本を読んだときの衝撃は忘れられません。

 第2位は「監督」 海老沢 泰久著 です。この本は僕の中ではノンフィクションの本を除けばスポーツ小説の中ではナンバー1です。

 第3位は「火怨―北の燿星アテルイ」 高橋 克彦著 です。最後の戦いで描かれる敗北の美学の美しさは非常に良かったです。

 第4位は「幸福な食卓」 瀬尾 まいこ著 です。僕にとって今年前半の一番の収穫の瀬尾まいこさん。どの本を挙げるか迷いましたが一番初めに読んだこの本を挙げることにしました。

 第5位は「オーデュボンの祈り」 伊坂 幸太郎著 です。伊坂さんのデビュー作でイサカ節炸裂のこの本はなんと言ってもカカシがしゃべるんですよ。

 その他にも恩田 陸さんとか今年初めてよんだ作家さんが多いですが、これはこのブログを始める少し前に引っ越した今住んでいる所から徒歩5分ぐらいのところに図書館があるためです。いやーそれにしても今年はブログを始めた為にたくさんの本を読みました。来年は少し本を読むペースを落とす予定です。
 それではこのブログを読んでいる皆様良いお年を!!

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

みかんさん、コメントありがとうございます。
僕は伊坂作品新しいのはほとんど読んでいないので、早く読んでみたいです。
2006/01/08(日) 22:36:20 | |たりぃ #-[ 編集]

たりぃさん、こんばんは♪
あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

『葉桜の~』はビックリしましたね。私も見事にやられました。
伊坂さんの『オーデュボンの祈り』は未読ですが面白そうですね。初期の方はまだ読んでないのでこれからボチボチ制覇したいと思ってます。
2006/01/05(木) 01:48:49 | |みかん #OkzxFqFo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。