たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだ「犯人に告ぐ」 雫井 脩介著を借りられないため、他の作品買ってしまいました。
 「栄光一途」 雫井 脩介著 です。
 これは雫井脩介のデビュー作で第4回新潮ミステリー倶楽部賞受賞作です。
 この本の内容ですが、主人公(日本柔道女子の強化チームコーチ)が柔道界の重鎮から極秘に「代表候補の中で、ドーピングをしている選手を突き止めろ」と言われて友人の協力を仰ぎつつ調査を進めていく。
 僕は雫井作品を「火の粉」から読み始めたためかミステリーとしては多少の粗さが気にかかったが、柔道の試合の描写などは大変面白かったです。デビュー作という事でいろいろ詰め込みすぎたためか、読後の感じを言えば余りすっきりした感じを得られなかったのが少し残念ですが、それでもデビュー作という事を考えればなかなかいい作品だと思います。
 最後にこの本はシリーズ化され同じ主人公で第2作が発売されています。

栄光一途 「栄光一途

 雫井 脩介

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。