たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今更ながら1月20日に本屋大賞のノミネート作品が発表されましたね(話題が遅いですが僕自身のメモ代わりですから、その辺は突っ込まないでくださいね)。今の所ノミネート作品で読んだ作品は3作だけですが、過去2回の本屋大賞から考えると、本命は島本理生さんの「ナラタージュ」、対抗はリリー・フランキーさんの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」あたりかなと思いますね。その他で注目したいのは、やはりここでも強さを見せて本屋大賞まで獲ってしまうのか東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」ぐらいかな。伊坂幸太郎さんは2作品ノミネートされて票が割れるのは必至ですからね。
第3回本屋大賞ノミネート作品
県庁の星」 桂 望実
告白」 町田康
サウスバウンド」 奥田 英朗
さくら」 西 加奈子
死神の精度」 伊坂 幸太郎
その日のまえに」 重松 清
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」 リリー・フランキー
ナラタージュ」 島本 理生
ベルカ、吠えないのか?」 古川 日出男
魔王」 伊坂 幸太郎
容疑者Xの献身」 東野 圭吾

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。