たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「風流冷飯伝」 米村 圭伍著 です。この本は第5回小説新潮長篇新人賞受賞作ですね。
 あらすじは、四国は讃岐の小藩・風見藩。お江戸で鳴らした幇間・一八とお武家の次男で冷飯ぐいの数馬は何の因果か、藩の命運を背負うことに…。
 先に読んだ「退屈姫君伝」では謎だった一八についての物語。文体は相変わらず軽妙で平易な文体で非常に読みやすくて面白かったですね。当時ののんびりした雰囲気、金もなくやることもない冷飯ぐいたちがそれでも生き生きと描かれており、現代のニートにどこか似ていながら、まったく違う彼らの生き様は非常に良かったですよ。

風流冷飯伝 「風流冷飯伝

 米村 圭伍

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。