たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「深追い」 横山 秀夫著 です。この本は7編の短編を収録した短編集ですね。
 その中で表題作にもなっている『深追い』のあらすじは、交通課事故係主任の主人公は事故現場でポケベルを拾った。この交通事故で死んだ男の妻はかつての恋人だったので、彼女に会う口実に自分で返しにいこうと思っていた矢先、「コンヤハ オサシミ デス」との着信が。夫の死後もポケベルにメッセージを入れ続ける妻の心境はいったい…。
 署の敷地内に職員全員の官舎がある特殊な環境の三ツ鐘署を舞台に、横山さんお得意の警察小説は冴えわたっていて非常に面白かったです。収録されている短編皆お気に入りなのだが、その中でもやっぱり『仕返し』が一番印象的かな。他の短編は別に他の環境でも成立するけど、『仕返し』は三ツ鐘署という特殊な立地や警察という家族をも巻き込んでしまう厳しい階級社会を上手く活かしていますからね。
 今の所の最新作「震度0」を読んだ時不満に思うこともあったけど、この本を読んでやっぱり横山さんの警察小説は面白いと思いましたね。

深追い 「深追い

 横山 秀夫

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。