たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ファンタジー好きとしてはファンタジー小説の金字塔なんて言われていれば読まずにはいられない。というわけで読んでみました。
ブレイブ・ストーリー」 宮部みゆき著 です。
 内容は、突然、両親の離婚話がふりかかった小学5年生の主人公は、家を出た父を連れ戻し、再び平和な家族に戻りたいと強く願い、運命を変えることのできる女神が住むという剣と魔法の世界・幻界に旅に出る。はたして少年は自ら望む世界を手にいれられるのか?
 たしかに面白かったが、ファンタジー小説の金字塔は言い過ぎだなと感じました。そういう過剰な期待を抜けば十分面白い小説なのは確かです。しかし、伏線はってあるのに解決していない問題がいろいろあったり、少年の視点なのに妙に大人びた情景描写や状況説明等など期待しすぎていたために、僕には粗ばかり目立ってしまいました。しかし、王道のストーリー、さすが宮部みゆきと思わせる文章力等などファンタジー小説を初めて読むような人にはおすすめです。

ブレイブ・ストーリー 「ブレイブ・ストーリー

 宮部 みゆき

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。