たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「おんみつ蜜姫」 米村 圭伍著 です。
 あらすじは、豊後温水藩とあの讃岐風見藩がなんと合併を画策。そんなところへ刺客が現れたので蜜姫は自らが隠密となり温水藩を救うために旅にでる。相棒の忍び猫タマの助けをかりて海賊、将軍吉宗はてはあの天一坊を相手に大暴れ。はたして無事温水藩は合併を行えるのか?
 相変わらず米村さんらしい『船上の危機』のような惚けた味わいはあるものの、それでも忍び猫タマの活躍を含めた一大剣術活劇小説に仕上がっていて非常に面白かったですよ。特に『天一坊始末』での裏柳生との1対1の真剣勝負なんてこれだけ読んだら米村さんの本とは思えない迫真の出来で良かったですね。

おんみつ蜜姫 「おんみつ蜜姫

 米村 圭伍

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。