たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「猫丸先輩の推測」 倉知 淳著 です。この本は6編の短編を収録した連作短編集ですね。
 冒頭に収録されている『夜届く』のあらすじは、「家火災、至急連絡されたし。」等、夜な夜届く不審な電報。毎度違う内容ながら全て不吉な内容ばかり。誰かに恨みをかった覚えはないのにと思ったいたら、近所の人にも同じような電報が届いていたのが解って…。
 シリーズ化されているのである程度面白いのかと思っていたのだけど、ゴメンなさい、僕にはまったく面白くなかったです。トリックはそれなりに面白かったのですが、ストーリーやキャラクターにはまったく面白さを感じられませんでした。う~ん、どうしてなんだろうね~。

猫丸先輩の推測 「猫丸先輩の推測

 倉知 淳

 5段階評価で2

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。