たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「生首に聞いてみろ」 法月 綸太郎著 です。この本は2005年版「このミステリーがすごい!」第1位ですね。
 あらすじは、著名な彫刻家が自らの死を賭して石膏像を完成させた。ところが、自分の娘をモデルにして造った石膏像の首が切り取られ、持ち去られてしまう。悪質ないたずらなのか、それとも殺人予告なのか。警察に内緒で名探偵・法月綸太郎が捜査していたのだが、石膏像のモデルをした娘の首が切り取られる殺人事件が発生してしまい…。
 本格モノとして非常に上手だったし、首切りモノとしての新手法は非常に良かったと思いますよ。しかし、僕は法月さんの本初めてだったので、話の筋とは関係ないが附とした所で出てくるちょっとした人間関係が解らなかったり、事件を惑わす役割の人がこんな動機でそこまでやるかなと気になる所もありました。それと、僕は本を読むとき割とキャラに対する依存度が高いので、すくなくともこの本ではあまりキャラに魅力を感じれなかったのが少し残念でしたね。

生首に聞いてみろ 「生首に聞いてみろ

 法月 綸太郎

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。