たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「悪党たちは千里を走る」 貫井 徳郎著 です。
 あらすじは、人が良いためかイマイチパッとしない二流の詐欺師たち。そんな彼らがふとしたキッカケで人道的かつ絶対安全な誘拐を企むのだが、計画外の自体が出立してしまい…。
 ユーモアたっぷりで、テンポがもよく、とても読みやすかったです。誘拐モノとしてはやっぱり身代金受け渡しがどうなるかと期待していたのだが、少し微妙でしたね。それと、小説自体も警察官たちの描写が途中からまったくなくなったのはなんだかな~という感じでしたね。

悪党たちは千里を走る 「悪党たちは千里を走る

 貫井 徳郎

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
HTMLが使えないようなので
下記をコピペしてどうぞ。
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-39.html
2006/04/28(金) 11:52:04 | |藍色 #-[ 編集]
トラバが届かないようです。
下記のリンクからお越しください。
<a href="http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-39.html" target="_blank">粋な提案/悪党たちは千里を走る</a>
2006/04/28(金) 11:50:10 | |藍色 #-[ 編集]
はじめまして。
リンクをたどってうかがいました。
パンダがトレードマークのかわいいサイトですね。
「悪党たちは千里を走る」の記事をトラックバックさせていただきます。
途中から人がいなくなったのは、主人公たちに気持ちを集中させるためでは?
コメントやTB返しなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2006/04/27(木) 21:01:19 | |藍色 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。