たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「MISSING」 本多 孝好著 です。この本は2000年版「このミステリーがすごい!」で第10位で、5編の短編を収録している短編集ですね。
 収録されている中で『眠りの海』のあらすじは、主人公は投身自殺を謀ったが失敗する。その主人公を助けた少年と焚火にあたりながら自殺を図った動機について話し合うのだが…。
 収録されている短編は皆透明感がありどこか悲しさや寂しさを感じさせる話ばかりで、読んでいて切なくなっていく出来でした。でもこれらの短編少し綺麗過ぎると思うのは僕だけなのかな~。まあ、そうは言っても面白かったのですがね。僕のオススメは『瑠璃』です。

MISSING 「MISSING

 本多 孝好

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。