たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「恩はあだで返せ」 逢坂 剛著 です。この本はお茶の水署シリーズの第3弾で、5編の短編を収録している短編集ですね。
 収録されている短編の中で『五本松の当惑』のあらすじは、ある日お茶の水署生活安全課の紅一点、五本松宛てに高価な古書が届けられるが、たまたま外出中だったので、同僚が代金を建て替える事に。しかし、その古書を五本松は頼んだ覚えがそもそもなかった。嫌がらせ?それとも詐欺?主人公たちは建て替えた代金の為に捜査に乗り出すが…。
 登場人物たちもそれなりに良く、扱っている珍事件も面白かったが、いかんせんこのシリーズ初めて読んだ為か、細かなエピソードが解らなくて結果それなりに面白かった以上の感想にはなりませんでしたね。シリーズ1作目から読んでいればもう少し面白かったかもしれませんが、でもまあ途中から読んでも十分面白いシリーズモノもあるから感想は結局変わらなかったのかな~。

恩はあだで返せ 「恩はあだで返せ

 逢坂 剛

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)



に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。