たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「影法師夢幻」 米村 圭伍著 です。
 あらすじは、時は大阪夏の陣。豊臣秀頼が逃げ延びたとの噂を信じて、落ち延びた一人の侍大将がその後を追おうとする。元々は侍でもなく、豊臣秀頼に馬糞をくわせて侍大将になったという逸話を持つ彼が、何の因果か真田幸村の子と思われて…。
 いやあ、出版社も違うし出だしの時代も違ったから、これまでの風見藩のシリーズとは違うのかなと思っていたら、この本の本編は江戸時代の豊臣秀頼と真田幸村の子孫が繰り広げる物語で、「錦絵双花伝」で男になってしまったお仙や倉地正之助なんかのその後の姿が出てきて、これまでのシリーズのファンとしては嬉しかったですね。それにしても、この本は終盤までは、今までの米村さんの作品らしく、どこか洒落が効いてて飄々としていて面白かったのですが、面白さの中にどこか物悲しい感じが入り混じったラストから読み終わっての読後感は、今までの作品にはあまりない感じだったけど、これはこれで中々良かったですね。

影法師夢幻 「影法師夢幻

 米村 圭伍

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。