たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「信長の棺」 加藤 廣著 です。
 あらすじは、本能寺の変後、信長はどこへ消えたのか。光秀謀反にちらつく秀吉の陰謀。阿弥陀寺の僧侶が握る秘密の鍵。後の信長の唯一の伝記「信長公記」の作者、太田牛一は信長の伝記作成の為に信長の隠された様々な謎を解き明かしていくが…。
 コンペイトウと暦の問題から見る信長像は、僕には新味が感じられて面白かったし、歴史ミステリーとしては、桶狭間の戦いで何故今川義元の正確な居場所が解ったかではなく、そもそも何故今川義元は桶狭間に行ったのかという考えたこともなかったような疑問は非常に面白かったです。それに反して、本能寺から信長の遺体が見つからなかった謎に関しては、状況が過酷過ぎたためか、ある意味非常にオーソドックスな解答で少しがっかりしましたね。
 それと、一つ一つの歴史描写は個人的には面白かったけど、全体を通しては非常にテンポが悪く読むのに忍耐が必要だったのは残念でしたね。

信長の棺 「信長の棺

 加藤 廣

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。