たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「看守眼」 横山 秀夫著 です。この本は6編の短編を収録した短編集ですね。
 収録されている短編の中で表題作になっている『看守眼』のあらすじは、いつか刑事になる日を夢見ながら、留置管理係として29年を過ごしまもなく定年を迎える近藤は、マスコミを賑わした「死体なき殺人事件」も容疑者で証拠不十分で釈放された男を執拗に追うが…。
 収録されている短編は皆普通なら主役を張らないような人々を主人公にしている、ある意味横山さんお得意の手法で面白かったですね。それと、この主人公たちは今までの横山作品の主人公にはなかったような陰を何となく感じさせられるのも良かったですよ。しかし、この本は十分面白かったのだけど、横山作品として考えると少し平凡な印象の作品が幾つかあったのが残念ですね。

看守眼 「看守眼

 横山 秀夫

 5段階評価で4(他の人の作品なら5ですが)

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。