たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「交戦規則ーROEー」 黒崎 視音著 です。
 あらすじは、都内で大量殺人事件が発生。拉致された情報機関員を奪還するためにこの事件を起こした北朝鮮特殊部隊を警察は多大な被害を出しながら追い詰めるが逃げられてしまい、遂に自衛隊の治安出動が行われることに。初めての実戦を経験する陸上自衛隊と北朝鮮特殊部隊の激闘。精鋭特殊部隊の攻撃に多大の犠牲を強いられる日本の対応は…。
 読んでいてそこはかとなくデジャブを覚えるこの展開ははてと思っていたら、某麻生幾さんの某「宣戦布告 加筆完全版」とそっくりな展開。しかし、そこはそれこの本は黒崎さんらしく非常に多くの情報を詰め込んでディテールに拘って描かれています(まあ情報の羅列という話もありますが…)。それにしても、メインの自衛隊初の実線が起こっている裏で行われている様々な事件が、最終的に一つに纏まるなんてことがなく平行線を辿って終わってしまうのは小説としてはどうなのかなて感じでしたね。

交戦規則ーROEー 「交戦規則ーROEー

 黒崎 視音

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。