たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「いま、会いにゆきます」 市川 拓司著 です。
 あらすじは、1年前に愛する妻をなくし、父子2人だけの生活。しかし、「雨の時期になったら、帰ってきます。」という亡くなる前の言葉通りに、彼らの前に亡くなったはずの妻が帰ってきて…。
 「黄泉がえり」みたいに幽霊ではなく、再び出会った2人が再び恋に落ちるという設定は良かったですね。その他の主人公がある障害を持っていたり、公園にいるノンブル先生の設定は少しお約束な要素を入れすぎな感じで正直なんだかなて感じでしたけどね。しかし、佑司の可愛さで個人的にはマイナスに感じる部分が相殺された感じで全体的には良かったと思いましたね。

いま、会いにゆきます 「いま、会いにゆきます

 市川 拓司

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

miyukichiさん、こんばんわ。
恋愛小説は苦手だけど、
これは面白かったですね。
確かに最後はおおっ!て感じでしたしね。
2007/01/17(水) 21:46:22 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBよろしくお願いします。

 全体に予定調和的ではあったけど、
 最後におおっ!でした。

 心があたたかくなる小説でしたね。
2007/01/12(金) 19:57:20 | |miyukichi #ubwH2qN2[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。