たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 僕が本を買うときに参考にしている文学賞の第3回目です。今回は「本屋大賞」です。僕は今年の4月に第2回の発表があった後にこの賞は面白そうだなと思い参考にさせてもらってます。
 ちなみに「本屋大賞」は書店の店員さんの投票のみで決める賞で、審査委員の先生が決める他の賞より、一般の読者のニーズにより近いのではと僕は思います。
2004年度本屋大賞
第1位  博士の愛した数式 小川 洋子
第2位  クライマーズ・ハイ 横山 秀夫
第3位  アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂 幸太郎
第4位  永遠の出口 森 絵都
第5位  重力ピエロ 伊坂 幸太郎
第6位  4TEEN 石田 衣良
第7位  デッドエンドの思い出 よしもと ばなな
第8位  終戦のローレライ 福井 晴敏
第9位  陰摩羅鬼の瑕 京極 夏彦
第10位 ららら科學の子 矢作 俊彦

2005年度本屋大賞
第1位  夜のピクニック 恩田 陸
第2位  明日の記憶 荻原 浩
第3位  家守綺譚 梨木 香歩
第4位  袋小路の男 絲山 秋子
第5位  チルドレン 伊坂 幸太郎
第6位  対岸の彼女 角田 光代
第7位  犯人に告ぐ 雫井 脩介
第8位  黄金旅風 飯嶋 和一
第9位  私が語りはじめた彼は 三浦 しをん
第10位 そのときは彼によろしく 市川 拓司

ちなみに「本屋大賞」のHPはこちら→本屋大賞

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。