たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 僕が本を買うときに参考にしている文学賞の第2回です。2回目はメジャーな「江戸川乱歩賞」です。ちなみにこの賞は公募制の為この賞を取ってデビューするという新人賞としての意味が強いですね。
 そして、この賞を受賞してデビューした作家は(僕の個人的な感想ですが)、他の賞よりも人気作家として頑張っている人が多いですね。
江戸川乱歩賞受賞作
第1回  「探偵小説辞典」 中島河太郎
第2回  「ハヤカワポケットミステリの出版」 早川書房
第3回  「猫は知っていた」 仁木 悦子
第4回  「濡れた心」      多岐川 恭
第5回  「危険な関係」    新章 文子
第6回  該当作なし
第7回  「枯草の根」     陳 舜臣
第8回  「大いなる幻影」  戸川 昌子
      「華やかな死体」  佐賀 潜
第9回  「孤独なアスファルト」  藤村 正太
第10回 「蟻の木の下で」     西東 登
第11回 「事件の核心」(「天使の傷痕」に改題) 西村 京太郎
第12回 「王将に児あり」(「殺人の棋譜」に改題) 斎藤 栄
第13回 「伯林ー一八八八年」  海渡 英祐
第14回 該当作なし
第15回 該当作なし
第16回 「殺意の演奏」  大谷 羊太郎
第17回 該当作なし
第18回 「華麗なる影」(「仮面法廷」に改題) 和久 峻三
第19回 「アルキメデスは手を汚さない」    小峰 元
第20回 「暗黒告知」      小林 久三
第21回 「蝶たちは今・・・」  日下 圭介
第22回 「五十万年の死角」 伴野 朗
第23回 「時をきざむ潮」    藤本 泉
      「透明な季節」     梶 龍雄
第24回 「ぼくらの時代」    栗本 薫
第25回 「プラハからの道化たち」 高柳 芳夫
第26回 「猿丸幻視行」  井沢 元彦
第27回 「原子炉の蟹」  長井 彬
第28回 「黄金の砂」(「黄金流砂」に改題) 中津 文彦
      「焦茶色のパステル」 岡嶋 二人
第29回 「写楽殺人事件」     高橋 克彦
第30回 「天女の末裔」      鳥井 加南子
第31回 「放課後」  東野 圭吾
      「モーツァルトは子守唄を歌わない」 森 雅裕
第32回 「花園の迷宮」  山崎 洋子
第33回 「ターン・ロード」(「風のターン・ロード」に改題) 石井 敏弘
第34回 「白色の残像」  坂本 光一
第35回 浅草エノケン一座の嵐」 長坂 秀佳
第36回 「剣の道殺人事件」 鳥羽 亮
第37回 「ナイト・ダンサー」 鳴海 章
      「連鎖」 真保 裕一
第38回 「長い廊下」(「白く長い廊下」に改題) 川田 弥一郎
第39回 「顔に降りかかる雨」 桐野 夏生
第40回 「検察官の証言」(「検察捜査」に改題) 中嶋 博行
第41回 「テロリストのパラソル」 藤原 伊織
第42回 「左手に告げるなかれ」 渡辺 容子
第43回 「破線のマリス」 野沢 尚
第44回 「12」(「Twelve Y.O.」に改題) 福井 晴敏
      「果つる底なき」 池井戸 潤
第45回 「マルクスの恋人」(「八月のマルクス」に改題) 新野 剛志
第46回 「脳男」   首藤 瓜於
第47回 「13階段」 高野 和明
第48回 「亡兆のモノクローム」(「滅びのモノクローム」に改題) 三浦 明博
第49回 「マッチメイク」  不知火 京介
      「二十年目の恩讐」(「翳りゆく夏」に改題) 赤井 三尋
第50回 「カタコンベ」  神山 裕右
第51回 「天使のナイフ」 薬丸 岳

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。