たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「サウダージ」 垣根 涼介著 です。
 あらすじは、故郷を忘れ、過去を消した。誰にも打ち明けなかった。かつての仕事仲間からも追放された。一人になった。そんなときに出会った、コロンビアから来た金髪の出稼ぎ売春婦。わがままで、金に汚くて、気分屋で、おまけにアタマも悪いどうしようもないそんな女なのに何故か惹かれて引き摺られてゆく。
 話は面白いけど、これ人物造形の失敗じゃないのかな。女性に惚れれば男は変わるということかもしれないけど、もっと冷たい感じの男だったはずだと思うんだけどね。それと、コロンビアから来た金髪の出稼ぎ売春婦、頭が悪いという設定なのは解るけど、誇張しすぎでちょっとやりすぎだなと思いましたね。

サウダージ 「サウダージ

 垣根 涼介

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。