たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「死を招いた女の罠」 渡辺 涼夢著 です。
 あらすじは、東大出のエリートとして、何ひとつ不自由のない生活をしていた主人公は美貌のホステス真由実の罠に落ち、承諾殺人の罪で刑務所に収監されてしまう。しかし、運命の悪戯か、同房の囚人から真由実の親友である明美とその情夫の若手ヤクザ佐川の仕組んだ罠に自分が嵌められたことを知らされて密かに復讐を誓うが…。
 話はそれなりに面白いと思ったけど、この主人公は復讐を誓ったくせに計画性も無く周囲の状況に流されていくダメな男で読んでいて非常に歯がゆいくてイライラを通り越して哀れに思えてきます。それに比べると、主人公を嵌めた明美は自分の欲望に忠実に生きていて、友達には絶対なりたくはありませんが中々良かったですね。

死を招いた女の罠 「死を招いた女の罠

 渡辺 涼夢

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。