たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「ALONE TOGETHER」 本多 孝好著 です。
 あらすじは、三年前に医大を辞めた主人公に、脳神経学の教授がある女性を守って欲しいと依頼してきた。しかも、その女性は教授が殺した人の娘で、まだ14歳の女の子だというのだが…。
 前作の「MISSING」同様まだまだ本多さんの若々しさというか瑞々しさは失われていなくて、読んでいて中々心地良かったです。それに、本多さん特有の透明感というものが、この本の内容の重々しさを上手く中和していて綺麗な物語に仕上がっていましたね。しかし、甘い部分もまだまだ目に付きますが、そこはこれからの作品に期待したいですね。

ALONE TOGETHER 「ALONE TOGETHER

 本多 孝好

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。