たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「扉は閉ざされたまま」 石持 浅海著 です。この本は2006年度の「このミステリーがすごい!」 で第2位ですね。
 あらすじは、久しぶりに開かれる大学の同窓会で成城の高級ペンションに七人の旧友が集まった。そこで、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害し、外部からは入室できないよう現場を閉ざした。何時までたっても現れない新山に部屋の外で安否を気遣う友人たち。犯行は計画通り成功したかにみえたのだが…。
 よくある密室モノだと扉を破り進入してから推理が始まるのに対して、閉ざされた扉の前で様々な議論を繰り返すというのは盲点を付かれたような感じで読んでいて非常に新鮮な感じでした。それに何故密室を作ったのかという動機も(自慢になるのか解りませんが、僕は途中で気づきました^^)普通とは一味違い新鮮な感じで面白かったです。しかし、そもそも殺害しようとした動機に関して言えば、人はこのような動機で他人、それも親しかった友人を殺そうとするのか僕のは理解不能でしたけどね。

扉は閉ざされたまま 「扉は閉ざされたまま

 石持 浅海

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。