たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「DZ」 小笠原 慧著 です。この本は平成12年度の第20回横溝正史賞受賞作ですね。
 あらすじは、アメリカのペンシルベニア州で夫婦の冷凍死体が発見された。そして、彼らの5歳の子供は行方不明のまま事件は迷宮入りしてしまう。それから数年後、恋人を亡くし、重度障害児施設に赴任した女医の志度涼子は保護室に閉じ込められた少女に出会う。この出会いにより運命の歯車を大きく動き出して…。
 僕はスケルトンで中身が見える機械式時計は本当に綺麗だと思います。それと同じようにすべての伏線が生かされて終わるこの作品を読み終えたときは、面白いとかじゃなくて綺麗だなと思いました。まあ、人物造形には無茶な感じがしますが、そんな不満に思う部分が気にならなくなるぐらいの出来だと思いますよ。

DZ 「DZ

 小笠原 慧

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

評価が多少低めの本で自分が面白いと思った本を、
同じように面白いと思っている人がいると、
なんとなく嬉しくなってきますね~。
2006/07/17(月) 22:31:22 | |たりぃ #-[ 編集]
こんばんは
人物がかけてなかったかどうかの記憶がすでにないのでそこは何ともいえないですが、それを補うだけの物語の良さがあったと思うのですけどね。もっと評価が高くていい作品だと私は思います。
2006/07/15(土) 22:08:35 | |シン@偽哲学者 #HfMzn2gY[ 編集]

シン@偽哲学者さん、はじめまして。
この本いいですよね。
人間が描けてない部分はありますが、
それで評価が低めになっているのは残念だと思います。
2006/07/10(月) 20:42:39 | |たりぃ #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
この本面白いですよね。
読んだのは発売当時なので
内容についてはもうあまり憶えてないのでうが
>じようにすべての伏線が生かされて終わるこの作品を読み終えたときは、面白いとかじゃなくて綺麗だなと思いました
と私も同じ感想を抱きました。
たまたま購入したのがサイン本だったので何か得した感じだったりします☆
2006/07/09(日) 04:23:33 | |シン@偽哲学者 #HfMzn2gY[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。