たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「棄霊島」 内田 康夫著 です。この本は名探偵・浅見光彦の記念すべき100番目の事件の作品ですね。
 あらすじは、浅見が五島列島で知り合った親切な初老の元刑事が静岡の海岸で死体となって発見された。彼の無念を晴らすために事件を追ううちに、30年前の長崎の海に浮かぶ軍艦島での事件が見え隠れしてきて…。
 100番目の事件、浅見光彦さん内田康夫先生おつかれさまです。それにしても、名所旧跡や食べ物の話から始まって、容疑者として警察に連行されるけど兄の素性が知られて警察署員一同がとたんに手の平を返すというある意味黄金パターン。今ではギャグになる取調室でのカツ丼なんてオマケまでついてきて面白かったですよ。しかし、安心して読める偉大なマンネリではあるけど、ミステリーとしては名探偵というより妄想探偵としか言いようがないこの推理には正直ガッカリしてしまいましたがね。
 ところで、竹島問題、拉致問題や靖国問題など最近の時事問題も取り上げていて、これらに関する内田さんの意見には全面的には賛同できないものの、少なくとも僕にはなかった過去の歴史やその他様々な視点からの意見には色々考えさせられること大で、内田さんのこのような問題に関する本とか読んでみたくなりましたね。

棄霊島 「棄霊島

 内田 康夫

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。