たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「悪魔と詐欺師」 高里 椎奈著 です。この本は薬屋探偵妖綺談シリーズの第3弾ですね。
 あらすじは、毒死した京都の外科医、轢死した東京のプログラマー、失血死した鳥取の書店員…場所も日時も別々で互いに無関係な六人の死。解決したはずのこれらの事件には、実はある共通点が。薬屋探偵三人組の良心、座木がこの謎に挑むのだが…。
 相変わらずリベザル君の可愛らしさ満点で、そのリベザル君の成長物語として読めば、信頼している座木が過去に起こしたのかもしれない事件について悩み、真実を知るために自ら行動し始めたリベザル君の健気さは胸にくるものがありましたね。
 ミステリーとしては解くべき謎として与えられた謎については魅力的で非常に良かったと思ったけど、もしこれらの事件に共通する意思が働いていたとしたら、どのようにしてこれらの事件を引き起こしたのかについてはまったく語られていないのは少し残念でした。まあ、妖怪も幽霊も秋の作る驚異的な薬もありの世界ですから説明は何とでもつくのかもしれませんがね。

悪魔と詐欺師 「悪魔と詐欺師

 高里 椎奈

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。