たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「真相」 横山 秀夫著 です。この本は5編の短編を収録した短編集ですね。
 収録されている中で表題作でもある『真相』のあらすじは、10年前に息子を殺した犯人が捕まった。しかし、犯人は息子が万引きをしていたという供述をしていた。あの優しい息子がまさか?はたしてこの事件に隠されていた真相とはいったい…。
 長篇もいいけどやっぱり横山さんは短編が上手いですね~。この本に描かれている主人公たちは今までの警察モノと違い、息子を殺された2代目税理士、前科者、リストラされた人など皆それぞれに苦悩を抱えていて、そんな彼らの心の機微を見事に描ききっています。ところで、『18番ホール』が僕は一番好きですね~。この主人公の壊れていきっぷりが非常に面白かったです。

真相 「真相

 横山 秀夫

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。