たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「εに誓って」 森 博嗣著 です。この本はGシリーズの第4作目ですね。
 あらすじは、山吹早月と加部谷恵美が乗車していた高速バスがジャックされた。犯人グループは都内数箇所に爆弾を仕掛けたという声明を発表。ジャックされたバスの乗客名簿には『εに誓って』という名前の謎の団体客が…。
 薄々皆解っていたあの天才・真賀田四季の事件との関与が遂に一部の関係者の間で話合われるようになり、Gシリーズもいよいよ大きく動き出すかのように思われて森ファンとしては嬉しいかぎりですね。しかし、この本だけで見てみると、何人もの乗客の独白が事件とは結局まったく関係なかってりと残念な出来でしたね。それだけでなく事件本体も結局何がしたかったのか非常に解りづらくてなんだかな~という感じでしたよ。

εに誓って 「εに誓って

 森 博嗣

 5段階評価で3(僕が森ファンでなかったら2かも)

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。