たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「影踏み」 横山 秀夫著 です。
 あらすじは、窃盗罪での服役を終え出所した主人公が真っ先に向かったのは警察署だった。自らが捕まった事件で忍び込んだ家の女が夫を焼き殺そうとしていたと確信している主人公は、その女を追うが…。
 警察小説で有名な横山さんには珍しいノビ師といわれる窃盗犯を主人公にした小説。それに、今までのハードボイルド路線とも違った、死んだ双子の弟が主人公に語りかけてくるという少しファンタジーのような設定も入っていて非常に目新しかったですね。もちろん目新しいだけでなくて、全編を通じて主人公に暗い影を落としている15年前の母親による家族を焼き殺した事件に対する苦悩や、その他様々な複雑な感情を丹念に描いていて非常に面白かったですよ。また、連作短編形式のために解り易かったけど、ミステリーとしても一つ一つ丁寧に伏線が張られていて非常に好感がもてましたね。

影踏み 「影踏み

 横山 秀夫

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。