たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「半夏生」 今野 敏著 です。この本はベイエリア分署安積警部補シリーズの第3作ですね。
 あらすじは、東京お台場で一人の外国人が倒れた。間もなくその男は病名不明のまま死亡する。直ぐに動き出す公安、内閣調査室。これはバイオテロだったのか…。
 ある意味予想通りの展開に予想外に面白くないストーリー。これで登場人物たちが魅力的ならまだ救いもあったんだけど、少なくとも僕にはまったく魅力を感じない人たちでガッカリでした。まあ、日本のテロに関する備えの乏しさを啓蒙するのには少しは役に立っているとも思うけど、それなら別に小説でなくても良い訳だしね~。

半夏生 「半夏生

 今野 敏

 5段階評価で2

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。