たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「刑事の墓場」 首藤 瓜於著 です。
 あらすじは、署長の右腕として活躍していたエリート刑事だった主人公が転任させられたのは、影で刑事の墓場と囁かれていた動坂署だった。しかし、開署以来一度も捜査本部が置かれたことのない動坂署管内で殺人事件が発生し初の捜査本部が置かれることになったが…。
 この本最初は主人公の拗ねた感じが面白かったんですけど、最後までまったく主人公の姿勢が変わらなかったのが本当に刑事だったのかと思うような駄目っぷりで非常に残念。それに殺人事件や警察内部の陰謀もどこか盛り上がらない展開でなんだかな~という感じ。でも、動坂署の主人公以外の刑事たちは皆一癖も二癖もあるような人たちで魅力がありその部分だけは良かったですよ。

刑事の墓場 「刑事の墓場

 首藤 瓜於

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。